関西医科大学
附属枚方病院
附属滝井病院
香里病院
天満橋総合クリニック
HOME
高橋教授よりご案内
教室院の紹介
研究会の案内
研究実績

関西医科大学 眼科学教室|患者の皆様へ

専門外来紹介

入局希望の皆様へ
入局のご案内
医局説明会
教育・研修概要
眼科学講座概要
MOBILE SITE
HOME»  専門外来紹介

黄斑外来のご案内

診療日時 毎週月曜日、水曜日、金曜日(附属病院)、
毎週月曜日、火曜日、木曜日(総合医療センター)
担当医 附属病院 髙橋 寛二、永井 由巳、藤田京子、大中 誠人、木村元貴、千原智之、中川和紀、長央由里子
総合医療センター 尾辻 剛、津村 晶子、三木克朗、境友紀夫、山田章悟

黄斑とは、眼底に広がる網膜(カメラのフィルムに相当)の中心部のことを言い、ものを見るために最も重要な働きをしているところです。いわゆる視力とは、この黄斑部の中でも最も感度の高い中心窩の働きを測定したものです。

黄斑疾患には近年話題の加齢黄斑変性をはじめとする血管新生黄斑症や黄斑円孔、黄斑前膜、中心性網膜炎、遺伝性黄斑変性、など多々ありますが、黄斑外来では特に加齢黄斑変性などの新生血管黄斑症や中心性網膜炎、遺伝性黄斑変性などを対象として診察しています。

加齢黄斑変性については、当科の長年にわたる経験とデータに基づいた上で診断・治療に当たっている西日本でも有数の専門施設であり、多数の患者さまに受診していただいています。

当科では、診断や治療方針を決定するために2種類の蛍光眼底造影検査と光干渉断層計検査(OCT)とを受けていただきます。造影検査では腕から造影剤を注射した上で眼底撮影を行い、血管新生黄斑症の本態である新生血管の位置・大きさ・病気の勢い(活動性)を判断します。OCTはエコーのような検査で網膜の断層像を撮影し、新生血管の広がりや深さ、新生血管からの水(網膜剥離)の量などを測定します。これらの検査の結果を総合的に判断して治療方針を決定します。

加齢黄斑変性の治療としては、光線力学的療法(PDT)と抗VEGF薬の硝子体内注射を主に行っています。PDTは平成16年5月に国内で承認された時から当科では開始し、これまでの経験症例数は全国でもトップクラスを誇っています。治療は、光感受性物質を点滴で静脈内注射し、新生血管の範囲に弱いレーザーを照射して、点滴した薬を活性化させ新生血管を閉塞させる治療です。何度か受けていただくこともありますが、成績の安定した治療で現在この病気の治療の中心となっています。

抗VEGF薬は、新生血管の発育を促進する因子(VEGF)の働きを阻害し、新生血管の形成を阻止或いは抑制を図ります。効果は按手しており、現在の治療の主流になっていますが、効きにくい人もあり複数回の注射を必要とすることもあります。

なお、症例によっては従来のレーザー光凝固を行うこともあります。

黄斑部の疾患は視力の回復が難しい病気が多く、早い段階での治療が大切です。そのため視力の低下や変視症(歪んで見える)、中心暗点(真ん中が暗く見える)などの症状が出たら、早めの受診をおすすめします。診断から治療にいたるまで、枚方・滝井病院の専門スタッフにお気軽にお尋ねください。

 

 
 

緑内障外来のご案内

診療日時 毎週火曜日の午後(附属病院)、毎週月曜日の午後(総合医療センター)
担当医 附属病院 城 信雄、中内 正志、松原 敬忠、加賀 郁子、千原 智之、藤原敦子
総合医療センター

松岡 雅人、南野 桂三、桑原 敦子、三輪加耶子

緑内障とは、視神経が障害される結果、視野(見える範囲)がせまくなる病気で、眼圧(目の硬さ)の上昇が大きく関与しています。

治療は眼圧を下げることで、主に薬物療法や手術が主体になります。緑内障で一旦せまくなった視野を元に戻すことは今の医学ではできません。よって適切な時期に、適切な治療ができるようにしなければいけません。緑内障外来では、治療方針に間違いがないか複数の医師で診察させていただき、症例検討会を行って方針の確認をしております。当科の緑内障手術件数は年間200件以上で、全国でも1、2を争う件数です。豊富な症例のデータを大切にし、手術を含む治療成績を随時更新して、診療に役立てるように心がけております。

日本における緑内障の特徴として、正常眼圧緑内障が多いことが挙げられます。眼圧が正常値であるにもかかわらず、緑内障性の視神経障害を引き起こす緑内障です。つまり、眼圧以外の因子が発症に関係している可能性があり、特にこのような患者様には、最新の視神経解析装置を使って、視神経の障害の程度や血流の程度を確認するようにしております。しかし、このようなタイプの緑内障でも、眼圧をより低くするという以外の有効な治療は確立されておりません。また眼圧が充分に低くなったにもかかわらず、進行がみられる症例もあります。当教室では、神経保護に関する基礎的実験も行い、眼圧下降以外の治療法の可能性について研究を進めております。

緑内障のなかには急激に進行するものもありますが、多くは慢性の経過をたどります。緑内障にはさまざまなタイプがあり、治療開始前の充分な観察が不可欠です。診断が確定した後も、その後の経過は多岐に渡るため、治療方針が変わる可能性があり、そのためには、患者様とのコミュニケーションが大事であると考えています。月曜日午後の緑内障外来日以外でも、緑内障外来担当医の数名が、必ず午前の診察を担当しておりますので、いつでも安心してお越しください。

 

 
 

角膜外来・コンタクト外来のご案内

診療日時 毎週月曜日の午後(附属病院 総合医療センター)
担当医 附属病院 嶋千絵子、藤原敦子、佐々木かおる
総合医療センター 三間由美子、越生佳世、山田章悟
コンタクト外来協力 サンコンタクトレンズ

角膜外来では角膜疾患、結膜疾患全般の診察治療を行っています。

対象疾患は眼瞼縁・結膜炎・翼状片・ドライアイ・角結膜上皮障害・角膜感染症(角膜炎・角膜潰瘍)・角膜変性症・円錐角膜・角膜内皮障害(水疱性角膜症)・角膜外傷など多岐にわたり、角膜の専門医師が治療にあたっています。

手術に関してはドライアイに対する涙点閉鎖術、角膜の混濁に対する角膜移植術などを行っています。当科では近視矯正のレーザー手術は行っておりません。

またコンタクト外来では一般的なコンタクトレンズ処方から特殊症例に対する処方・アフターケアまで行っていますが、特に一般の眼科では処方が困難な方を多く診ています。コンタクト外来は予約不要で当日の受付が可能です。

 

 
 

ぶどう膜外来のご案内

診療日時 毎週水曜日の午後(附属病院) 毎週火曜日の午後(総合医療センター)
担当医 附属病院 山田 晴彦、星野 健、加賀 郁子、中道 悠太
総合医療センター 尾辻 剛、三間由美子

ぶどう膜とは, 虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈絡膜(みゃくらくまく)の3つの眼球内の組織をまとめた呼び方です。何らかの原因でこのぶどう膜に炎症が起きる病気を『ぶどう膜炎』といいます。

ぶどう膜炎の原因の約半数は, ベ-チェット病・サルコイドーシス・原田病の三大ぶどう膜炎が占めています。その他にも膠原(こうげん)病、関節炎、糖尿病, あるいは血液疾患や悪性腫瘍などの数10種類以上のものが原因になります。このように全身の異常が原因となることがあるので、全身の詳しい検査や注意が必要になります。

ぶどう膜炎の原因がはっきりと診断できるのは、全体の5割程度です。どうしても原因がわからない場合も5割あります。

ぶどう膜外来は、ぶどう膜疾患の診断と治療を担当し、他科との連携による全身管理、各種特殊検査(インドシアニングリーン蛍光造影、光干渉断層計検査、PCR法による原因微生物の同定など)を併用しながら病状に応じた診療を行っています。治療法は、薬物療法のみでなく、重症例に硝子体手術を施行して、大きな治療効果をあげています。ぶどう膜炎に併発した白内障手術や続発性緑内障も、適切な時期に積極的に行っています。全身へのステロイド投与は、副作用が問題となりますので、最近ではステロイドのテノン嚢下注入による眼局所への持続投与が治療効果を得ています。

 

 
 

循環外来のご案内

診療日時 毎週火曜日の午後(総合医療センター) ※附属病院は「網膜硝子体・循環外来」
担当医 総合医療センター 尾辻 剛、三間由美子
対象疾患 循環

 カメラのフィルムに相当する網膜は網膜血管の閉塞する疾患は、閉塞した血管の種類と部位によって、網膜中心動脈閉塞症、網膜動脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞閉塞症、網膜静脈分枝閉塞閉塞症に大きく分類されます。
 網膜動脈閉塞症とは、網膜の血管が詰まり、細胞への血流が途絶えてしまう病気です。細胞が活動するには酸素や栄養が必要で、血流が途絶えると、間もなくその箇所から先の細胞は死んでしまいます。網膜は、光の情報を感知する神経組織ですから、網膜細胞が死んでしまうと、視覚が失われてしまいます。眼科領域の救急疾患といえますので、早急な血流再開を目指して、眼球マッサージや前房穿刺、抗凝固療法などを行います。
 一方、網膜動脈ではなく網膜静脈閉塞症の場合は、血液自体は網膜に届いているため、網膜細胞がすぐに死んでしまうことはありません。網膜の静脈血管が詰まると眼底出血を起こします。静脈系の閉塞には抗凝固療法、抗血小板療法の薬物治療を行い、増殖性変化を生じないよう網膜光凝固を行います。高度な黄斑浮腫や硝子体出血、網膜剥離を来したときは、硝子体手術を行います。当外来では、硝子体手術によって良好な結果を得ています。
 さらに近年は網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体注射が良好な成績を上げています。抗VEGF薬は継続した投与が必要で患者さまの負担も大きい治療ですので、その他の選択肢も提示しながらよくご相談の上、治療方針を決定しています。

 
 

ロービジョン外来のご案内

診療日時 ロービジョン診察・ロービジョンケア:第2、4週月曜の午後(予約制) (附属病院)
ロービジョン診察・ロービジョンケア:第2、4週水曜の午後(予約制) (総合医療センター)
担当医 附属病院 永井 由巳、藤田京子
総合医療センター 河合江実
視能訓練士 仲村 永江、中村千香子

ロービジョン者とは?

目が見えづらく日常生活に困っている方で、一般的なメガネや手術でも見えやすくならない方のことを、全盲の方とは別にロービジョン者といいます。これらの方の多くは、両眼視力が矯正しても0.3以下です。

ロービジョン外来でなにをするの?

何が、どのように、どれくらい見えにくいのかをお聞きした上で、度の強いメガネや拡大鏡(虫メガネ)を合わせ、少しでも見えにくさが改善するように患者様と一緒に考えます。 時間をかけておこないますので、2時間くらいかかります。何回か来院していただくこともあります。 日常生活や仕事にお困りの方に訓練施設をご紹介することもあります。

まず、なにをすればよい?

まず眼科の一般診察を受けていただき、ロービジョン診察またはロービジョンケアの予約をさせていただきます。
ロービジョンケアの時には、見えなくてお困りのもの(本、書類など)、持っているメガネや拡大鏡を持参して下さい。
視覚障害の身体障害者手帳をお持ちの方は、補装具給付の対象になる場合がありますので、役所から補装具意見書をもらって持参して下さい。様々な倍率の拡大鏡があります。手持ち式、スタンド式のタイプがあり、それぞれライトの付いたものもあります。

テレビ画面に大きく映す拡大読書器もあります。拡大鏡より倍率が大きく、字を書く時にも適しています。

 

 
 
 
 

網膜硝子体・循環外来のご案内

診療日時 毎週木曜日の午後(附属病院)
担当医 附属病院 中内 正志、木村元貴、中道 悠太

網膜硝子体外来では加齢黄斑変性を除く網膜硝子体疾患全般の診察治療を行っています。対象疾患は網膜剥離・黄斑上膜(網膜上膜形成症)・黄斑パッカー・黄斑円孔・網膜分離症・増殖性硝子体網膜症などで、眼科専門医資格を持つ網膜硝子体専門医師が診察・治療にあたっています。網膜剥離に関しては特に緊急性があるため、できるだけ早期の手術が可能なよう、即日入院ができる体制を整えています。

その他わかりにくい病態についても最新の検査機器やパンフレットを用いながら理解しやすい説明を心がけ、手術適応や合併症・予後について詳しく説明しています。また手術は網膜硝子体手術の専門医師が行い、網膜剥離に関しては90%以上の初回復位率を得ています。

 

 
 

糖尿病外来のご案内

診療日時 毎週木曜日の午後(附属病院、総合医療センター)
担当医 附属病院 山田 晴彦、城 信雄、嶋 千絵子
総合医療センター 松岡 雅人、三輪加耶子
対象疾患 糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症

厚生労働省の2002年の糖尿病実態調査の速報では、糖尿病患者は約740万人、可能性が否定できない予備軍を加えると約1620万人で、1997年の前回調査より約250万人も増加しており、糖尿病合併症の管理が益々重要となっております。

糖尿病外来では、網膜症の管理を行うために定期的に外来フォローを行い、網膜症の状態や進行の程度を把握するために、眼底検査以外にも蛍光眼底造影検査や光干渉断層計(OCT)を適宜行い網膜症の評価を行っています。
網膜症が進行し、網膜の浮腫や網膜毛細血管の閉塞、網膜新生血管の発生した状態になると眼科的治療が必要になります。当院ではまず網膜症の進行を押さえることを目的にレーザー網膜光凝固術を行います。これは外来にて短時間で行うことができますので、通院で行うことができます。レーザー治療だけで網膜症が鎮静化することもありますが、レーザー治療で網膜症の進行がおさえきれない時にはさらに硝子体手術(入院が必要)を行います。

これは眼の中に生じた大量の出血(硝子体出血)や増殖組織を取り除くために行います。
また最近では 糖尿病黄斑浮腫に対しても硝子体手術が効果的であることがわかり、当院でも積極的に治療を行っています。

 

 
 

斜視外来、小児外来のご案内

診療日時 毎週木曜日の午後(総合医療センター)
担当医 総合医療センター 越生佳世、盛佑子、宮島 理乃、上原雅美
対象疾患 斜視、眼筋麻痺

斜視症例は、多くが小児ですが成人の眼位、眼球運動の異常も含まれます。

乳児内斜視は1歳半~2歳で手術をして両眼視機能の獲得を目標としています。間歇性外斜視は外見上や眼精疲労の問題があり、ご本人やご家族の希望に応じて手術を行っています。

 

 
 

涙道外来のご案内

診療日時 毎週水曜日の午後(附属病院 予約制)
担当医 附属病院 小林 敦